下西祥平弁護士が執筆した論文が、JCAジャーナル(2018年10月号)に掲載されました。

下西祥平弁護士が、JCAジャーナル(一般社団法人日本商事仲裁協会)の連載企画「中国における外国仲裁判断の承認・執行の事例研究」において、『仲裁条項が無権代理人により締結された契約に含まれている場合に、外国仲裁判断の承認・執行が拒絶された事例』と題する論文を執筆し、同誌2018年10月号に掲載されました。

雑誌名・刊号:JCAジャーナル・2018年10月号(No.736)

発行年月日:平成30年10月10日

出版社:一般社団法人日本商事仲裁協会

関連サイト:http://www.jcaa.or.jp/

月刊誌「JCAジャーナル」について、一般社団法人日本商事仲裁協会のHPより抜粋

一般社団法人日本商事仲裁協会では、商事仲裁・商事調停と商取引の実務・法務の専門誌として月刊「JCAジャーナル」を発行しております。本誌では、商事仲裁・ADRおよび国際商取引に関する最新の情報、並びに特に実務面で関心の高い問題を取り上げ、これらの分野に精通された著名な学者、第一線で活躍されている弁護士等にご執筆をいただいております。